tadashishimadaprofilepic2.jpg
IMG_2432.jpg
_MG_3275.jpg
_MG_4702 - Version 2.jpg

嶋田忠


SCROLL DOWN

嶋田忠





INSTAGRAM


tadashishimadaprofilepic2.jpg

プロフィール


1949年、埼玉県大井村(現ふじみ野市)に生まれる。武蔵野の自然の中で野鳥とともに過ごす。  日本大学農獣医学部卒業後、動物雑誌「アニマ」(平凡社)創刊に参加。以後、野鳥を中心に独自の世界を開拓している。1980年、北海道千歳市へ移住。1993年より7年間、テレビ朝日・ニュースステーション特集「嶋田忠の野生の瞬間」シリーズのため、海外で映像作品を制作。2000年より、NHKの自然番組をハイビジョンにて制作。最近は北海道を中心に、海外の極楽鳥など、熱帯雨林の生きものもデジタルカメラで撮影している。2014年12月、千歳市蘭越に常設ギャラリー、嶋田忠ネイチャーフォトギャラリーをオープン。

写真集・写真絵本

『カワセミ清流に翔ぶ』『火の鳥アカショウビン』『炎のカムイ』

『鳥 野生の瞬間』『鳥のいる風景』『森に生きる』『ウトナイの鳥』

『カムイの夜シマフクロウ』『闇のカムイ・シマフクロウ』『北の野鳥』

『鳥のいる風景・水と原野』『バシリスク・水上を走る忍者トカゲ』

『カワセミ・青い鳥見つけた』『アカショウビン・火の鳥に出会った』

『アカゲラ・キツツキの森へ』『モズ・不思議なわすれもの』

『シジュウカラ・庭にくる小鳥』『凍る嘴  厳冬のハンターヤマセミ』など多数

写真作品の受賞

 太陽賞、日本写真協会新人賞、日本鳥学会特別表彰、

 日本写真協会年度賞、日本絵本賞大賞など

映像作品の受賞

 IBA国際放送広告賞、アメリカ国際映像フェスティバル自然部門ゴールドカメラ賞

 アジア・テレビ祭自然番組部門最優秀賞など

プロフィール


1949年、埼玉県大井村(現ふじみ野市)に生まれる。武蔵野の自然の中で野鳥とともに過ごす。  日本大学農獣医学部卒業後、動物雑誌「アニマ」(平凡社)創刊に参加。以後、野鳥を中心に独自の世界を開拓している。1980年、北海道千歳市へ移住。1993年より7年間、テレビ朝日・ニュースステーション特集「嶋田忠の野生の瞬間」シリーズのため、海外で映像作品を制作。2000年より、NHKの自然番組をハイビジョンにて制作。最近は北海道を中心に、海外の極楽鳥など、熱帯雨林の生きものもデジタルカメラで撮影している。2014年12月、千歳市蘭越に常設ギャラリー、嶋田忠ネイチャーフォトギャラリーをオープン。

写真集・写真絵本

『カワセミ清流に翔ぶ』『火の鳥アカショウビン』『炎のカムイ』

『鳥 野生の瞬間』『鳥のいる風景』『森に生きる』『ウトナイの鳥』

『カムイの夜シマフクロウ』『闇のカムイ・シマフクロウ』『北の野鳥』

『鳥のいる風景・水と原野』『バシリスク・水上を走る忍者トカゲ』

『カワセミ・青い鳥見つけた』『アカショウビン・火の鳥に出会った』

『アカゲラ・キツツキの森へ』『モズ・不思議なわすれもの』

『シジュウカラ・庭にくる小鳥』『凍る嘴  厳冬のハンターヤマセミ』など多数

写真作品の受賞

 太陽賞、日本写真協会新人賞、日本鳥学会特別表彰、

 日本写真協会年度賞、日本絵本賞大賞など

映像作品の受賞

 IBA国際放送広告賞、アメリカ国際映像フェスティバル自然部門ゴールドカメラ賞

 アジア・テレビ祭自然番組部門最優秀賞など

作品集


作品集



TADASHI SHIMADA'S PHOTOGRAPHIC WORK 

嶋田忠作品集

IMG_2432.jpg

Nature Photo Gallery


いつの日か、自分の作品を展示するギャラリーを作りたい。長年暖めてきた夢が、ついに実現しました。2014年12月、北海道千歳市蘭越に、『嶋田忠ネイチャーフォトギャラリー』がオープンしました。道々支笏湖街道沿いながら、清流千歳川の河畔林に面し、自然豊かな場所です。ギャラリーは二つに分け、常設展示の『My Kamuy』には、シマフクロウやアカショウビンの大型パネルをもう一方はテーマによって1~2ケ月ごとに展示替えをするスペースになっています。年に1~2回は道内の自然をテーマとしている写真家の作品を、企画展として開催する予定です。ギャラリー内には、写真集やオリジナルプリントなどを販売するショップコーナーも設けました。

 

Nature Photo Gallery


いつの日か、自分の作品を展示するギャラリーを作りたい。長年暖めてきた夢が、ついに実現しました。2014年12月、北海道千歳市蘭越に、『嶋田忠ネイチャーフォトギャラリー』がオープンしました。道々支笏湖街道沿いながら、清流千歳川の河畔林に面し、自然豊かな場所です。ギャラリーは二つに分け、常設展示の『My Kamuy』には、シマフクロウやアカショウビンの大型パネルをもう一方はテーマによって1~2ケ月ごとに展示替えをするスペースになっています。年に1~2回は道内の自然をテーマとしている写真家の作品を、企画展として開催する予定です。ギャラリー内には、写真集やオリジナルプリントなどを販売するショップコーナーも設けました。

 


嶋田忠『ギャラリー展示.北海道の野鳥 春〜夏』展がはじまりました。

 


ONLINE STORE

_MG_3275.jpg

The Bird Watching Cafe


建物の森に面した南側は、『ザ.バードウオッチングカフェ』となっています。

飲食をしながら庭の野鳥やエゾリスなどの溌剌とした姿を、ごく近くで楽しむことができます。カフェから続く『バードフォトカフェ』通称撮影小屋では、カモフラージュネットの隙間からレンズを出して、直接撮影出来るようになっています。庭ではオープン以来52種の野鳥と、11種の哺乳類を記録しました。椅子に座って撮影出来るので、お年寄りや体力に自身のない人でも利用できます。これまでたくさんの方々が利用し、傑作をものにしています。カフェの窓からは四季折々の草花や風景とともに鳥や動物たちが様々な顔を覗かせます。カウンターに座れば、間近に生命の息吹を感じ、テーブル席からは外の風景が額縁の絵のように見えます。ゆったりとした癒しのひと時をお楽しみください。また、カフェ定番のホットサンドイッチの単品とランチプレート、オーストラリア人シェフの地元の定番スイーツメレンゲケーキ「パブロバ」など、本場の味をご堪能頂けます!もちろんコーヒーにもこだわり、ニューウェイブハンドドリップ方式を取り入れたコーヒーや、イタリア本場のエスプレッソマシーンで作るカフェラテなども提供しています。

ランチタイム11時〜14時

ご予約:0123−29−3410ayuko@thebirdwatchingcafe.com

The Bird Watching Cafe


建物の森に面した南側は、『ザ.バードウオッチングカフェ』となっています。

飲食をしながら庭の野鳥やエゾリスなどの溌剌とした姿を、ごく近くで楽しむことができます。カフェから続く『バードフォトカフェ』通称撮影小屋では、カモフラージュネットの隙間からレンズを出して、直接撮影出来るようになっています。庭ではオープン以来52種の野鳥と、11種の哺乳類を記録しました。椅子に座って撮影出来るので、お年寄りや体力に自身のない人でも利用できます。これまでたくさんの方々が利用し、傑作をものにしています。カフェの窓からは四季折々の草花や風景とともに鳥や動物たちが様々な顔を覗かせます。カウンターに座れば、間近に生命の息吹を感じ、テーブル席からは外の風景が額縁の絵のように見えます。ゆったりとした癒しのひと時をお楽しみください。また、カフェ定番のホットサンドイッチの単品とランチプレート、オーストラリア人シェフの地元の定番スイーツメレンゲケーキ「パブロバ」など、本場の味をご堪能頂けます!もちろんコーヒーにもこだわり、ニューウェイブハンドドリップ方式を取り入れたコーヒーや、イタリア本場のエスプレッソマシーンで作るカフェラテなども提供しています。

ランチタイム11時〜14時

ご予約:0123−29−3410ayuko@thebirdwatchingcafe.com


ザ バード ウォチング カフェ

The Bird Watching Cafe

_MG_4702 - Version 2.jpg

Contact Us


Contact Us



JR千歳駅より車で約10分
新千歳空港より車で約20分
上記駅、空港から支笏湖行きのバス「桂病院前」下車徒歩1分

 

Name *
Name

TADASHI SHIMADA NATURE PHOTO GALLERY/ THE BIRD WATCHING CAFE


〒066ー0068

北海道千歳市蘭越90ー26

T +0123 29 3410
F +0123 29 3410
E ayuko@thebirdwatchingcafe.com

営業時間

月             10am to 5pm
             CLOSED
             10am to 5pm
             10am to 5pm
             10am to 5pm
             10am to 5pm
             10am to 5pm